「化け地蔵(含満ヶ淵)」ミステリー、いいえ絶景スポットです!

「化け地蔵(含満ヶ淵)」ミステリー、いいえ絶景スポットです!

−目次−

日光の「化け地蔵」とは?

日光の化け地蔵憾満ガ淵(かんまんがふち)の南岸に、約70体の地蔵が一列に並ぶ姿は、ちょっとおどろおどろしいですね。
その地蔵の数が行きと帰りで数が合わないと言われ、いつしか「化け地蔵」と呼ばれる様になりました。
現在では、日光の「ミステリースポット」「心霊スポット」などと呼ばれる事もあります。

含満ヶ淵の化け地蔵別名「百地蔵」「並地蔵」などとも呼ばれる、慈眼大師天海の門弟たちが彫ったと伝えられる地蔵群です。
かつては100体ほどあったとされますが、明治の大洪水により流失し、現在約70体が残ったといわれています。

含満ヶ淵の説明案内「含満ヶ淵」は国指定名勝に指定され「日光山 輪王寺」に管理されているため、案内板などが整備され安心感があります。

男体山からの溶岩が創り出す「含満ヶ淵」の絶景!

含満ヶ淵数万年前「男体山」の火山活動によってできた険しい渓谷、四季を通して美しい絶景を楽しめます。
川岸には幾つもの巨岩があり、晃海僧正によって造立された不動明王の石像が安置されていました。
その不動明王の真言の最後の句から「かんまん」の名が付けられたと謂れています。

含満ヶ淵の注意板この「含満ヶ淵」は、海外からの観光客に大人気のスポットの様で、日本人よりも多くの方が訪れています。
この渓谷は想像以上の激流となっており、外国人向けの警告板が立てられています。(海外の方は結構ギリギリまで攻めるんですよね…)

霊庇閣霊庇閣(れいひかく)から渓谷を望む。
1654年(承応3年)、晃海大僧正が建立した四阿造りの護摩壇。
対岸の不動明王に向かって天下泰平を祈り護摩供養を行ったといわれています。

散策後の休憩に「含満の茶屋」

含満の茶屋憾満ヶ淵の入口にあり、散策後の休憩に最適です。
栃木県産の地粉を使った香り高い手打ち蕎麦がおすすめです。

鳴虫山の登山口また、「鳴虫山」の登山口があり多くのハイキング客にも親しまれています。

「含満の茶屋」の基本情報

営業時間
●11:00~15:00
定休日
●水曜日(12月~3月 冬期休業)
※定休日が祝日の場合は営業
※祝日営業の場合は翌日休み

【施設概要】
●施設名:含満の茶屋
●URL:http://www.nikko-kanmangafuchi.com
●所在地:栃木県日光市匠町8-33

化け地蔵(含満ヶ淵)へのアクセス方法

含満ヶ淵への道案内

車を利用の場合

●日光宇都宮道路 日光I.C.より約8分

駐車場情報

●駐車場 34台(無料)

電車を利用の場合

●JR日光駅・東武日光駅より東武バス 中禅寺温泉行き「総合会館前」下車 徒歩約15分

【施設概要】
●施設名:化け地蔵(憾満ヶ淵)
●所在地:栃木県日光市匠町

近隣のスポット案内





「筑波山」登山と日帰り観光を満喫しよう!

道の駅 グランテラス筑西のイベント風景「道の駅 グランテラス筑西」へ行ってみた!

関連記事

  1. 岩下の新生姜ミュージアムのキャラクターパネル

    「岩下の新生姜ミュージアム」カオスな世界観で大人…

    「岩下の新生姜ミュージアム」についてTV CMでお馴染の「岩下の新生姜」…

  2. 足利織姫神社から足利市街地を望む

    「足利 観光」歴史と町並みを楽しむイチ押しスポッ…

    歴史と伝統の町「足利市」について栃木県の南西部に位置し、北部に足尾山地、…

  3. ひたちなかのネモフィラと菜の花

    国営ひたち海浜公園 GWにオススメ!絶景の「ネモ…

    茨城が誇る映えスポット!ネモフィラ色に染まる「国営ひたち海浜公園」毎年夏…

  4. わたらせ渓谷鐵道のトロッコ列車のすれ違い

    『わたらせ渓谷鐵道』で巡る「足尾・観光」ローカル…

    トロッコ列車で人気「わたらせ渓谷鐵道」について桐生駅(群馬県)〜間藤駅(…

  5. 雨引観音の山道正面

    「雨引観音(楽法寺)」境内を彩る紫陽花の名所

    茨城の紫陽花スポットとして知られる「雨引観音」雨引観音こと雨引山楽法寺は…

  6. 宇都宮美術館の正面玄関案内板

    「宇都宮美術館」でアートとフレンチを楽しもう!

    宇都宮美術館とは「宇都宮美術館」及び「うつのみや文化の森」は、栃木県宇都…

  7. 赤城山をバックにした「ぐんまフラワーパーク」

    「ぐんまフラワーパーク」で四季の草花を楽しもう♪…

    「ぐんまフラワーパーク」とは広大な敷地に広がる園内は、四季を通して様々な…

  8. 足尾銅山観光の入り口

    「足尾銅山観光」メインキャラ源さんが語る鉱都の歴…

    「足尾銅山」の歴史を学べる観光施設その昔、「東洋一の鉱都」と謳われた足尾…

PAGE TOP