「製粉ミュージアム」館林で創業した日清製粉の歩みを学ぶ

「製粉ミュージアム」館林で創業した日清製粉の歩みを学ぶ

※本ページは、一部でアフィリエイトプログラムを利用しています。

国内シェア40%の製粉メーカー「日清製粉の企業ミュージアム」

製粉ミュージアムと館林駅舎群馬県館林市にある「製粉ミュージアム」は、2012年(平成24年)日清製粉グループ創業の地に開設した企業ミュージアムです。小麦や小麦粉をテーマに、日清製粉の歴史や小麦について楽しく学ぶことができます。

製粉ミュージアムの館内の様子施設内は、企業の歴史と伝統を紹介する「本館」、小麦粉生産の今を伝える「新館」、中庭として整備された「日本庭園」により構成されています。とくに「本館」は、明治期の創業より事務所として使用された洋館で、近代産業遺産としても貴重な建物です。

日清製粉 館林工場1900年(明治33年)「館林製粉株式会社」が、正田貞一郎氏によりこの地に創立されたのが、日清製粉グループの始まりです。現在でも、館林駅西口には「日清製粉ウェルナ 館林工場」が稼働しており様々な商品を出荷しています。

「正田 貞一郎氏」について
1870年(明治3年)横浜市出身。家業の醬油醸造業(現 正田醤油)に従事し、1900年(明治33年)現 館林市に「館林製粉株式会社」を創立。1908年(明治41年)には日清製粉と合併し、社名を「日清製粉株式会社」に変更。日清製粉株式会社社長・東武鉄道株式会社会長・社団法人如水会理事長などを歴任し、1946年(昭和21年)には貴族院議員に勅撰されました。 上皇后美智子さまの祖父にあたり、位階は正五位・勲等は勲三等。

created by Rinker
JTBパブリッシング
¥1,155 (2024/06/17 21:53:07時点 楽天市場調べ-詳細)

新館

製粉ミュージアムの新館新館展示室では、新旧の製粉技術や文化史などを紹介しています。小麦を粉砕する実物の「ロール機」や、タッチペンで操作する「液晶パネル」などを用いて、小麦について詳しく学べるスペースとなっています。

製粉ミュージアムの展示説明パネル館内の展示は「基本撮影禁止」となりますが、こちらの案内パネルの様に「カメラOKマーク」が記載されている展示については、撮影可能となっています。

製粉ミュージアムの収蔵展示室ガラス張りの半地下部分にある「収蔵展示室」の様子。清潔感ある近代的な館内で、大手食品メーカーの実力を感じさせます。

本館

製粉ミュージアムの本館本館では、創業から現在までの日清製粉の歩みと、歴代経営者に関する資料や品々を展示しています。創業期から館林工場の事務所として使用されていた建物で、旧本社工場の部材を再利用し洋風木造建築として建てられました。

製粉ミュージアム 本館の展示本館1Fは、創業期の「ロール機」を中心に、当時の様子を紹介する資料やパネルが展示されています。また、奥のスペースには「正田貞一郎ギャラリー」があります。

製粉ミュージアム 本館2階2F部分は、明治期の洋館様式の特徴を色濃く残しており、「アーカイブギャラリー」や「正田栄三郎ギャラリー」などがあります。お洒落な雰囲気で、まるで横浜山手の洋館に訪れた様な気分になりました。

日本庭園(三光の庭)

製粉ミュージアムの日本庭園本館の北側には中庭が整備されており、造園家「斉藤勝雄」によって作庭された回遊式庭園「三光の庭」と呼ばれています。4つの石臼モニュメントが特徴的で、町中にある箱庭ながら四季折々の草花を楽しめます。

製粉ミュージアムの休憩棟庭園にある休憩室で、テーブル席が設置されトイレもあるので小休止に大変便利なスペースです。

館林城下町の堀跡庭園の南端には、「館林城下町の堀跡」が残されています。「製粉ミュージアム」がある高台には土塁があり、城下町の南西隅の一部だと推測されています。また、柵を挟んだ向こう側は「日清製粉ウェルナ 館林工場」へと続いています。

プレゼンテーションルーム

プレゼンテーションルームの展示内容受付カウンターの隣にある「プレゼンテーションルーム」では、日清製粉ウェルナが販売する馴染みある商品が展示されてます。「マ・マー スパゲティ」や「唐揚げ粉」など、日清製粉の偉大さを一番感じるスペースでした(笑)

日清製粉館林工場の製品紹介こちらは、「館林工場」で生産されている商品の展示です。「ホットケーキミックス」や「天ぷら粉」「お好み焼き粉」など、日々の食卓に欠かせない製品ばかりですね!

アンケートに答えると嬉しい「記念品」が!

製粉ミュージアムのアンケート入館時に渡されるアンケートに回答すると、帰りに素敵な「記念品(お土産)」をいただけます。

製粉ミュージアムの記念品こちらがその記念品で、館林工場で生産された「お好み焼き粉」となっています。特別な製品という訳ではありませんが、現地で生産した商品をいただいたという事で、ちょっとした感動があります。しかし、入館料を考えると…なんだか恐縮してしまいますね。

「製粉ミュージアム」の基本情報

製粉ミュージアムの館名プレート

開館時間

●10:00~16:00(閉館 16:30)

休館日

●月曜、祝日の場合は翌日休
※年末年始休。また、臨時休館が多いので公式サイトのカレンダーを確認ください。

入館料

●大人:200円
●小・中学生:100円

「製粉ミュージアム」へのアクセス情報

館林駅南口ロータリー

電車を利用の場合

●東武伊勢崎線 館林駅西口よりすぐ

車を利用の場合

●東北自動車道 館林I.C.より約11分

駐車場

製粉ミュージアムの駐車場●無料駐車場あり(普通車 5台)

施設概要
施設名製粉ミュージアム
所在地群馬県館林市栄町6-1
URLhttps://www.nisshin.com/museum/main.html

この記事を見た人はこちらもおすすめ

必勝祈願!最強武神を祀る「鹿島神宮」参拝ガイド

焼き芋の聖地!?「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」

関連記事

  1. 予科練平和記念館の正面玄関

    「予科練平和記念館」で、軍都 阿見町の歴史に触れ…

    予科練の歴史を次の世代へ伝える「予科練平和記念館」茨城県阿見町には、かつ…

  2. 旧司令部庁舎の全景

    「筑波海軍航空隊記念館」国内最大規模の戦争遺構は…

    『永遠の0』のロケ地として知られる「筑波海軍航空隊史跡」茨城県笠間市「茨…

  3. 足尾銅山観光の入り口

    「足尾銅山観光」源さんが語る鉱都の歴史

    「足尾銅山」の歴史を学べる観光施設その昔、「東洋一の鉱都」と謳われた足尾…

  4. やんば天明泥流ミュージアムと長野原町立第一小学校旧校舎

    「やんば天明泥流ミュージアム」もう一つの浅間山大…

    天明泥流を学ぶ「やんば天明泥流ミュージアム」群馬県長野原町にある「やんば…

  5. なるほど!やんば資料館のエントランス

    「なるほど!やんば資料館」ダム見学がより楽しくな…

    八ッ場ダム・ガイダンス施設「なるほど!やんば資料館」について群馬県長野原…

  6. 鉱山資料館の館内

    「日鉱記念館」日立の歴史を伝える資料館

    工業の街としての歴史を紡ぐ「日鉱記念館」とは茨城県日立市にある「日鉱記念…

  7. 「日立オリジンパーク」日立創業の精神に触れるミュ…

    日立製作所の企業ミュージアム「日立オリジンパーク」とは茨城県日立市にある…

最近の記事

  1. モビリティリゾートもてぎのモニュメント
  2. 製粉ミュージアムの正面入口
PAGE TOP