小山〜岩舟で聖地巡礼「秒速5センチメートル」の舞台をめぐる

小山〜岩舟で聖地巡礼「秒速5センチメートル」の舞台をめぐる

「秒速5センチメートル」とは

岩舟駅のホーム最新作「天気の子」「君の名」でお馴染みの「新海 誠」監督の劇場公開作品3作目(2007年公開)にあたります。
秒速5センチメートルとは、「桜の花びらが舞い落ちる速度」だという。
本編では、惹かれ合っていた主人公とヒロインの緩やかな心の変化を描き、新海監督の真骨頂である美しい映像が作品を彩ります。
なんと言っても、衝撃のラストシーンは数日間軽いトラウマになったものです。

さっそく、小山〜岩舟の「巡礼スポット」を紹介して行きます!

岩舟駅の案内板物語の舞台は、「東京〜栃木〜鹿児島〜東京」と時と共に移り変わって行きます。
主人公が、家族の都合で岩舟(栃木)へ転校したヒロインに会いに行くシーンで「小山〜岩舟」の風景が美しく描かれています。

両毛線への乗り換えシーンで登場「小山駅」

小山駅東口大雪の中、宇都宮線に乗換え両毛線の始発駅である「小山駅」を目指します。
雪が降っていることもあり、遠い北国にでも向かっているのかというテンションですが、演出の都合上という事にしておきましょう。

自転車置き場から小山駅を望む東口の自転車置き場の金網から小山駅を見たシーン。
手前は水戸線のホームとなっており、水戸と高崎を繋ぐターミナル駅でもあります。

小山駅と線路JR小山駅は、東北新幹線の停車駅でもありそれなりの規模があります。
駅からちょっと離れた高架橋から撮影したカットですが、色々な信号機がついていてちょっと格好いいですよね。

小山駅構内駅ナカが出来たりと細部の違いはありますが、基本的な構造は映画のママです。
目的の「両毛線」乗り場は、新幹線乗り場のさらに奥の「8番線」となります。

小山駅から在来線乗り場を望む窓から無理矢理撮影した形となりますが、宇都宮線ホームを望めます。
昼間の写真なので、若干イメージと異なるかもしれません。
ちなみに、「栃木デスティネーションキャンペーン」期間中、山崎まさよしさんの劇中歌がホームのBGMに使用されていました。

小山駅 両毛線乗り場この「8番線」ホームは小山駅の再奥部に位置しています。
立ち食い蕎麦屋がなくなってしまたのは残念ですが、ローカル感は十分に味わえます。
(同系列の蕎麦屋が宇都宮線のホーム(12・13番線)にあるので気になる方はご利用ください)

小山駅 8番ホームこういった無機質なシーンが良い味を出していて、ストーリ性を感じます。

【施設概要】
●施設名:JR小山駅
●URL:https://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCd=401
●所在地:栃木県小山市城山町3丁目

独特な空気感を持つ「岩舟駅」へ

両毛線から望む岩舟山作品中では、しんしんと降る雪が印象に残っていますが、交通機関に影響が出るような積雪は年に1〜2回程度です。
小山駅から出発し、田園地帯から栃木市街を抜けると徐々に山地が増えてきます。
しばらくすると異様な形状をした「岩船山」が見えてきて、独特な雰囲気を感じられる景色が広がります。

岩舟駅のホーム小山駅から20分程で岩舟駅に到着します。小さいながらも味のある駅です。
主な利用者は学生が中心で、あとは観光客などがぽつぽつと言った感じ。

岩舟駅から駅前を望む連絡橋から岩舟駅前の風景を望むシーン。
ゴチャッとちょっとしたカオス感がある駅前です。

岩舟駅の待合室無人の改札を抜けると、あのシーンの舞台である「待合室」があります。
ベンチの雰囲気など作中のママ残っており巡礼スポットのメインとなる場所かと思います。
ちなみに、田舎とはいえここでお弁当を食べるのは中々に勇気が必要です。

岩舟駅前メイン通り駅前には商店など殆どなく、食事は小山駅などで済ませておくのが吉かと思います。
しかし、「秒速5センチメートル」にちなんだ情報などは一切なく観光資源としてもう少し上手く活用出来ないんですかね。

岩舟駅を横から作中では自転車置き場があった場所ですが、現在は閉鎖されてしまった様です。

踏切から岩舟駅を望む近くの踏切から岩舟駅を撮影。両毛線は単線となっており、このローカル感がたまりません。

岩舟駅の改札以前は有人改札でしたが、現在はポツンと読み取り機が立っているだけ。
人手不足のご時世ですので致し方ない。両毛線の運行間隔は1時間あたり1〜2本と言ったところ。

【施設概要】
●施設名:JR岩舟駅
●URL:https://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCd=195
●所在地:栃木県栃木市岩舟町静

待ち時間を利用して、日本三大霊山「岩船山」へ寄り道!

岩船山と岩舟の町並み死者の霊の集まる場所として、「日本三大霊山」の一つに数えられます。
ゴツゴツとした剥き出し岩面が特徴的で、山頂付近には日本三大子授け・子育て地蔵尊の「高勝寺」が鎮座しています。
また、山道からの小道を右手に進んで行くと、特撮の爆破シーンでよく使用される撮影スポットがあったりと見所が満載です!
※日本三大霊山の定義は数パターンあるそうです。

関連記事紹介

【施設概要】
●施設名:岩船山 高勝寺
●URL:http://www.iwafunesan.com
●所在地:栃木県下都賀郡岩舟町静3

天狗山頂上からの絶景人気の「足利 登山」低山ハイキングへ行こう!

岩船山死者が集う山!? 霊場「岩船山」を散策!

関連記事

  1. 岩船山

    死者が集う山!? 霊場「岩船山」を散策!

    関東屈指の霊場「岩船山」とは栃木県栃木市の西部、足尾山地の最南端に位置し…

  2. 鑁阿寺の本堂(アップ)

    足利氏所縁の「鑁阿寺」実は日本100名城!!?

    金剛山 鑁阿寺(ばんなじ)について栃木県足利市にある真言宗大日派の本山「…

  3. 宇都宮美術館の正面玄関案内板

    「宇都宮美術館」でアートとフレンチを楽しもう!

    宇都宮美術館とは「宇都宮美術館」及び「うつのみや文化の森」は、栃木県宇都…

  4. 大谷資料館の地下空間

    「大谷資料館」地下に広がる巨大空間を散策!

    「大谷資料館」とは栃木県宇都宮市大谷町にある「大谷石採石場跡」に関する歴…

  5. ぐんまフラワーパーク 入り口正面

    「ぐんまフラワーパーク」で四季の草花を楽しもう♪…

    「ぐんまフラワーパーク」とは総面積18.4ヘクタールの広大な敷地に広がる…

  6. 陸の松島!!?「大谷地区」観光のおすすめスポット…

    奇岩群が作り出す大谷エリアの風景栃木県宇都宮市大谷町周辺には、緑色の凝灰…

  7. 金山城の三の丸

    日本百名城「金山城跡」を散策ハイキングしよう!

    日本百名城「金山城」とは群馬県太田市のほぼ真ん中に位置する標高235.8…

  8. 偕楽園の梅まつり風景

    日本三名園「偕楽園」水戸の梅まつりの見所を紹介!…

    日本屈指の梅の名所「偕楽園」とは茨城県水戸市にある日本庭園で岡山市の「後…

PAGE TOP