「みかも山公園」初心者におすすめ登山コースを紹介!

「みかも山公園」初心者におすすめ登山コースを紹介!

市民の憩いの場、「みかも山公園(三毳山)」について

みかも山の登山道三毳山(みかも山)は、栃木県南部の佐野市と栃木市の境にある万葉集にも詠まれた里山。
関東平野の北端に位置しており低山ながら壮大な関東平野を見渡せ、最高峰は青竜ヶ岳の標高229mと初心者にもオススメな、複数のハイキングコースが整備されています。
三毳山の一部が県内最大の都市公園である「みかも山公園」として利用され、公園東口広場、公園西口広場、公園南口広場、などが整備され家族で楽しめる市民の憩いの場として親しまれています。
また、「花の百名山」に選定されており、春にはカタクリの群生地「かたくりの里」や、秋には彼岸花が咲く「みかも万葉庭園」など四季を通して登山やハイキングを楽しめます。

「三毳山」の山DATA
・名称:三毳山(みかもやま)
・所在:栃木県佐野市-栃木市
・標高:229m
・気温:6月 25°/19°、7月 28°/22°、8月 30°/23°、9月 26°/20°

南山麓に立つ「三毳神社」

みかも神社「南口のスタート地点」となる小さいながらも見所の多いコンパクトに纏まった神社です。
日本神話に登場する星の神「天香香背男命」が祀られており、山麓にはこの神を祀る里宮が鎮座しています。
ちょっと大げさですが、ここで「みかも山登山」の安全祈願を行ってゆきましょう♪

一部には意外にも本格的な登山道が…

みかも山登山道スタート地点の神社脇を少し進むといきなりの急坂が… 公園として整備され全体としては初心者にも優しいハキングコースとなってますが、ここの激坂はまさに初見殺しw
足腰が不安な方や運動靴などの動きやすい装備でない方はここを避けることを推奨します。(とくに下り坂は)
また、コース中複数箇所で塗装路にエスケープすることが可能なので、うまく活用しながら無理なく登山を楽しめます。

みかも山の急坂ご覧の通り、急坂かつ岩場になっており季節によっては落ち葉が積もって滑りやすくなっています。
特別危険な訳ではありませんが、右側には階段状の巻き道もありますので状況に応じて無理せず進みましょう。

山頂神社からの景色激坂と長い階段を登り切ると関東平野を一望できる景色が広がります。
天候が良ければ東京都心や富士山を拝む事も可能です!

パラグライダー発着地比較的平坦な尾根を進んで行くとパラグライダーの発着場があります。
ここからの眺めは実に見事です。遠く筑波山まで見渡せます。

みかも山の蝋燭岩三毳名山石の「蝋燭岩」、蝋燭の炎の様に見えるから名付けられたそうです。
登山道にはこうした奇岩が複数ありチェックしながら進んで行くのも面白いですよ!

みかも山の中岳の山頂中岳山頂(標高210m)にある三角点です。残念ながら、樹木に囲まれており眺望はほとんど無し。
登山者の行き来も多く、ここでは余りゆっくりとは過ごせませんね。

みかも山の関所跡中岳と青竜ヶ岳の中間あたりにある「関所跡」にある祠。
この関所跡は、古代7道の1つ東山道の重要な関所の1つであったと言われています。

青竜ヶ峰ようやく、青竜ヶ岳(229m)のピークに到着。標高の割には結構きつくそれなりの達成感があります!

青竜ヶ岳の頂上青竜ヶ岳の頂上からは、佐野や足利の市街地を一望でき遠くは日光連山や赤城山、天気が良ければ日本アルプスの山々も望めます。
また、低山ならではの悩みではありますが夏季シーズンはかなりの高温となりますので、水分補給はこまめに行ってくださいね。
ここから折り返して南口に戻るか、東口に向かい「とちぎ花センター」を経由するか、北側に降りて「かたくりの里」へ向かう事もできます。
ただし、カタクリのシーズン以外ではとくに見所もなく余り北側はお勧めできませんねぇ…。

その他のハイキングコースはこちら

四季を通して楽しめる豊かな自然も魅力!

春は「カタクリ」に「桜」、夏は鮮やかな紫陽花、秋には「彼岸花」や山全体を彩る「紅葉」など四季を通して様々な自然を満喫できます。

みかも山のカタクリの花例年3月中旬〜下旬にかけて「カタクリ」の群生が見頃を迎え、山の斜面2,000㎡に5万株咲く光景はまさに圧巻です。

三毳山の白い彼岸花お彼岸には一ヶ月ほど早い8月後半頃に山中で見かけた「白い彼岸花」。
天変地異の前触れかとも思いましたが「シロバナマンジュシャゲ」という赤と黄色の彼岸花から生まれた雑種だそうです。

みかも山の彼岸花例年9月の公園内では、「彼岸花」が見頃を迎え西側にある「万葉庭園」では群生が楽しめ一面に「彼岸花」が咲き誇ります。

みかも山の紅葉紅葉の見頃は例年11月後半~12上旬頃となり秋色に染まる「みかも山」散策はとくにお勧めですね。

みかも山のキノコジメジメとした季節にはこの様な「謎のキノコ」にも出会えます(笑) 高確率で毒が有りそうなのでくれぐれも食することはないように、。

体力に合わせて「フラワートレイン」を利用しよう!

フラワートレインみかも公園内では、コスモス号、キスゲ号、カタクリ号、アジサイ号の4台のフラワートレインが運行しており、乗り場が東口・南口・西口にあり、わんぱく広場までの間を結んでいます。

【利用料金】
●大人(高校生以上):500円
●子供(3才~中学生):300円
※1日フリー券です。何度でも乗降できます。

【休業日】
●毎週火曜日(祝日の場合は翌日)及び年末年始は定休日

「みかも山公園」へのアクセス方法

電車を利用の場合

●JR両毛線 岩舟駅よりから約5.5km、東武日光線 静和駅より約7.0km
●JR栃木駅 南口より「ふれあいバス」岩舟線(東回り)で約30分(とちぎ花センター前)

車を利用の場合

●南口駐車場:東北自動車道 佐野藤岡I.C.より約1.0km
●東口駐車場:東北自動車道 佐野藤岡I.C.より約3.0km
●西口駐車場:東北自動車道 佐野SA上りスマートI.C.より約1.4km

【施設概要】
●施設名:みかも山公園
●URL:https://www.park-tochigi.com/mikamo/
●所在地:栃木県栃木市岩舟町下津原1747-1

東側山麓には「とちぎ花センター」

栃木花センター約3万株が植栽される花壇をはじめ、国内最大級を誇るとちはなちゃんドーム(大型温室)や青バラ「青龍」や「オンディーナ」を作出した育種家故小林森治氏のコレクションを保存するバラ園がある県営の植物園。その他、カフェを併設する多目的ホールもあり様々なイベントが行われます。

ハロウィンのオブジェ若干時期外れだが、ハロウィンぽいお洒落なオブジェ。

【施設概要】
●施設名:とちぎ花センター
●URL:http://www.florence.jp
●所在地:栃木県栃木市岩舟町下津原1612
●温室料金:大人(高校生以上)400円、小人(小・中学生)200円
●アクセス:東北自動車道 佐野・藤岡インターから小山方面に3.5km、車で5分
●開園時間:3月1日~10月31日 9:00~17:00、11月1日~2月末日 9:00~16:30
※鑑賞大温室の入館は、閉園時間の30分前まで。
※3月1日から5月31日までは、無休。

近隣のスポット案内



ハマグリの山「那珂湊おさかな市場」新鮮な魚貝と海鮮丼が魅力!

筑波山 絶景スポット「筑波山」茨城のシンボル、身近な日本百名山へ行こう!

関連記事

  1. 筑波山 絶景スポット

    「筑波山」茨城のシンボル、身近な日本百名山へ行こ…

    坂東の地に聳える名峰「筑波山」とは筑波山は関東の東部、茨城県つくば市北端…

  2. 金山城の三の丸

    日本百名城「金山城跡」を散策ハイキングしよう!

    日本百名城「金山城」とは群馬県太田市のほぼ真ん中に位置する標高235.8…

  3. 大平山神社の石段

    「大平山 ハイキング」四季を感じる登山コースを紹…

    謙信も驚いた関東平野を一望「太平山」とは栃木市の市街地から5kmほどの場…

  4. 八幡のつつじ群落の展望台から

    ロイヤルリゾート「那須高原」人気の観光スポットを…

    ロイヤルリゾート「那須高原」について那須高原とは、栃木県北部にある那須岳…

  5. 那須岳の噴煙

    「那須岳(茶臼岳)」日帰り登山で大自然を満喫!

    那須岳(茶臼岳)について栃木県北部に位置する活火山「那須岳」は那須連山の…

  6. 天狗山頂上からの絶景

    人気の「足利 登山」低山ハイキングへ行こう!

    自然と歴史を感じる「里山ハイキング」足利市北部には足尾山地の山々が連なり…

  7. 榛名山ロープウエイ

    「榛名山・榛名湖」周辺のおすすめ観光スポット8選…

    「榛名山・榛名湖」周辺エリアについて榛名高原エリアは、火山活動によって生…

  8. 黒檜山〜駒ケ岳からの形式

    「赤城山」で気軽に本格登山を楽しもう!

    上毛三山の一つ「赤城山」とは榛名山、妙義山と並び、上毛三山の一座に数えら…

PAGE TOP