「あしかがフラワーパーク」通年で楽しめる見所をご案内!

「あしかがフラワーパーク」通年で楽しめる見所をご案内!

四季の花々が彩る「あしかがフラワーパーク」

あしかがフラワーパークの雨の日の園内栃木県足利市にある「花のテーマパーク」として広く知られ、とくに「大藤」や「イルミネーション」が全国的にも有名ですね。
そんな「あしかがフラワーパーク」の園内では、四季折々の美しい花々が咲き乱れ、通年を通して楽しむ事ができます。
「大藤」や「イルミネーション」に負けないシーズン毎のオススメのポイントをご紹介してまいります。

《3月上旬〜4月中旬》2万本のチューリップが咲き誇る「春の花まつり」

あしかがフラワーパークのチューリップ春の訪れを感じる頃、およそ2万本ものチューリップが春色に園内を染め上げます。
また、毎年3月の中旬には「足利市農林業まつり」が開催され足利産の野菜や加工品の販売、ステージイベントなどが行われます。

あしかがフラワーパークのルピナス「ルピナス」も負けじと咲き誇り、「チューリップ」との共演も見所のひとつです。

《4月中旬〜5月中旬》幻想的な藤の世界観が広がる「ふじのはな物語」

あしかがフラワーパークの藤の花ちょうどゴールデンウィークの頃、シンボル的存在である「600畳敷の大藤棚」と、世界的にも希少な「八重の大藤棚」が見頃を迎えます。
その他、県指定天然記念物の「白藤のトンネル」や、栽培の難しい「きばな藤」など約1ヶ月間も藤の幻想的な世界を楽しむ事ができます。
はじめての「あしかがフラワーパーク」であれば、やはりこの時期がイチオシです。

詳細記事はこちらへ

《5月中旬〜6月上旬》春バラが眩しい「レインボーガーデン」

あしかがフラワーパークの春バラ藤のシーズンが終わりに差し変わると、園内の主役がバラへと移り変わります。
「藤」「イルミネーション」に続く第三の柱として強化された「バラ部門」は、様々な工夫が施されています。

あしかがフラワーパークのバラ園「ローズガーデン」に咲く500種2,500株のバラのスケール感は圧巻です。
タイミングが良いと、遅咲きの「藤」と「バラ」のコラボレーションを堪能できますよ!

《6月上旬〜6下旬》雨降る季節の彩り「ブルー&ホワイトガーデン」

あしかがフラワーパークの花菖蒲白と青を基調とした20万本もの花菖蒲と、1,500株の紫陽花が梅雨入りした園内を彩ります。

大藤棚の新緑こちらは、ちょっと珍しい新緑を纏った「大藤棚」です。
梅雨の合間の陽が差し込み、藤色に染まる時期とは違った美しさを楽しむ事ができます。

《7月上旬〜9月下旬》涼やかに水辺を彩る「水辺に浮かぶ花の妖精たち」

あしかがフラワーパークの睡蓮猛暑が続く夏の間は、水面に浮かぶ50種類 約300株の「熱帯性スイレン」を楽しめます。
また、咲いている花が少ないシーズンではありますが、夏休み期間中「夏休み子供フェスティバル」が開催され「水遊び」や「昆虫ふれあい体験」「縁日」など、ご家族で楽しめるイベントが満載です。

あしかがフラワーパークのローズヒップ見頃を終えた「バラ」の枝には、かわいらしい無数の「ローズヒップ」が実っていました。

《10月末〜2月上旬》日本三大イルミネーション「光の花の庭」

あしかがフラワーパークのイルミネーション秋〜冬の閑散期の間、「ハウステンボス光の王国」「さっぽろホワイトイルミネーション」と並んで、日本三大イルミネーションに認定される あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」が開催されます。
500万球以上のイルミネーションが夜の園内に壮大な「光の花の庭」を浮かび上がらせます。
開催期間が長く、前・中・後半ごとに異なるコンセプトでリピートしたくなる仕掛けがにくいですね。

あしかがフラワーパークの梅昼間の時間帯は時期により「秋バラ」「寒桜」「梅」などを楽しむ事ができます。
ただし、昼・夜の入れ替え制になっており、「イルミネーション」を見るには一度退場し再入園する必要があります。

詳細記事はこちらへ

もう一つのお楽しみ「ご当地グルメ」

あしかがフラワーパークのフードコート園内には「バーベキューコーナー」と「レストラン」「フードコート」など食事を楽しめるスポットがお送ります。
せっかく足利に来たのなら、是非とも地元のグルメを堪能したいですよね!

あしかがフラワーパークの佐野ラーメンもはや知名度は全国区!!? 栃木が誇るB級グルメ「佐野ラーメン」。
テーマパークで提供されるラーメンとしては、中々の味でお値段もリーズナブル。

「足利マール牛」のブロシェット写真がイマイチですが、ご当地銘柄牛「足利マール牛」を使ったブロシェット。
炭火で丁寧に焼かれ、柔らかな肉の旨味と甘味を増した野菜が最高でした。

「あしかがフラワーパーク」の基本情報

あしかがフラワーパークの入り口ゲート

入園料

●1月上旬~4月中旬:300円~1,200円(大人)、200円~600円(子供)
●4月中旬~5月中旬:900円~1,800円(大人)、500円~900円(子供)
●5月中旬~6月下旬:500円~1,200円(大人)、300円~600円(子供)
●7月上旬~12月下旬:300円~900円(大人)、100円~500円(子供)
●7月上旬~2月上旬(夜の部):1,000円(大人)、500円(子供)
※花の咲き具合により料金が変動します。

お得なJAF会員優待施設

●入園料:100円引き(会員含む3名迄)
※他の優待・割引等との併用はできません。
※入園時にJAF会員証を提示してください。

お得なメール会員

花の見頃情報・イベント情報やお得なサービスなどがいち早くメールで配信されます。
また、メール会員だけの限定サービスもある様ですよ!

会員情報詳細はこちら

開園期間

●年中無休
※2月第3水曜・木曜と、12月31日は休園となります。

開園時間

●9:00 ~ PM18:00(通常期)
●10:00 ~ PM17:00(夏季・冬季)
※ふじのはな、イルミネーション期間を除く

「あしかがフラワーパーク」へのアクセス方法

あしかがフラワーパークの駐車場と駅

車を利用の場合

●東北自動車道 佐野藤岡I.C.より約18分
●北関東自動車道 太田桐生I.C.より約20分
●北関東自動車道 足利I.C.より約15分
●北関東自動車道 佐野田沼I.C.より約12分

駐車場情報

●普通車 6,000台(臨時駐車場含む)

電車を利用の場合

あしかがフラワーパーク駅●JR両毛線 「あしかがフラワーパーク駅」下車すぐ

シャトルバスを利用の場合

●東武伊勢崎線「足利市」駅から土日祝日のみ、シャトルバスがご利用いただけます。

シャトルバス時刻表

【施設概要】
●施設名:あしかがフラワーパーク
●URL:http://www.ashikaga.co.jp
●所在地:栃木県足利市迫間町607

道の駅しもつまの入り口「道の駅しもつま」納豆工場と展望室からの景観は必見!

とちぎ花センターの温室のシャボテンとちはなちゃんドームが侮れない「とちぎ花センター」へ行こう!

関連記事

  1. ひたち海浜公園のネモフィラ

    国営ひたち海浜公園 GWにオススメ!絶景の「ネモ…

    まさにインスタ映え! ネモフィラ色に染まる「国営ひたち海浜公園」ひたち海…

  2. 日光東照宮の鳥居

    世界遺産「日光の社寺」日帰り おすすめスポット!…

    世界遺産「日光の社寺(二社一寺)」とは日光といえば「日光東照宮」が有名で…

  3. 偕楽園の梅まつり風景

    日本三名園「偕楽園」水戸の梅まつりの見所を紹介!…

    日本屈指の梅の名所「偕楽園」とは茨城県水戸市にある日本庭園で岡山市の「後…

  4. ひたち海浜公園のコキアの紅葉

    移り変わる「コキア」をひたち海浜公園で楽しもう!…

    夏〜秋の間楽しめる「みはらしの丘」の3万2千本のコキア夏の日差しを浴びて…

  5. 大谷資料館の地下空間

    「大谷資料館」地下に広がる巨大空間を散策!

    「大谷資料館」とは栃木県宇都宮市大谷町にある「大谷石採石場跡」に関する歴…

  6. 岩船山

    死者が集う山!? 霊場「岩船山」を散策!

    関東屈指の霊場「岩船山」とは栃木県栃木市の西部、足尾山地の最南端に位置し…

  7. 夜叉門からの風景

    重厚感漂う国宝「大猷院」の魅力を紹介

    今なお、家康公を見守る「大猷院」とは世界遺産に登録される日光山輪王寺が管…

  8. 須賀神社の桜

    小山市の「桜の名所」おすすめスポット8選!

    小山市の桜は、3月下旬~4月中旬まで長くお花見を楽しめます!開花の標準木…

PAGE TOP