「ぐんまフラワーパーク」で四季の草花を楽しもう♪

「ぐんまフラワーパーク」で四季の草花を楽しもう♪

−目次−

「ぐんまフラワーパーク」とは

ぐんまフラワーパーク 入り口正面広大な敷地に広がる園内は、四季を通して様々な草花を楽しめ、入場口から正面ゲートを抜けると目の前にメインの「フラトピア大花壇」が飛び込んできます。
その奥には、群馬が誇る名峰「赤城山」をバックに高さ18m「パークタワー」がそびえています。
園内に5つある「観賞温室」は、蘭・熱帯地方の花木・ベゴニア・サボテンなどを一年を通して楽しめ、その他「ハーブの香りの散歩道」、バラが彩る「イングリッシュガーデン」、「日本庭園」、「ちびっこ広場」などの家族で楽しめるスポットが満載です。
また、冬季に行われる「ウィンターイルミネーション」は、第9回日本夜景遺産(ライトアップ夜景遺産)にも認定されました。

関東一円の景色を眺望「パークタワー」

パークタワーからの眺め園内中央に位置し、高さ18mの関東平野を見渡せる展望台になっています。
パークタワーの北側には赤城山、南側は関東一円の景色が眺望でき、天気が良い日には遠く富士山や東京スカイツリーなども見ることができます。
また、冬のイルミネーション時には「プロジェクションマッピング」が行われて人気のスポットとなっています。

フラワーパークのメイン「フラトピア大花壇」

フラトピア大花壇季節ごとに草花の模様替えが行われ、春には20万球のチューリップが一面を彩ります。
パークタワーの展望台から見下ろすと、まさに絵画のような絶景風景を堪能できます。!

可憐に咲き誇る「ダリア園」

ぐんまフラワーパークのダリア夏〜秋にかけて見頃を迎える290品種1,350株の多彩なダリアが栽培されています。
中には直径が30㎝以上にもなる大型のダリアもあり迫力満点です!

NAMAHAGEダリア各地の地名がついた品種も多く「NAMAHAGEダリア」など、ちょっと笑ってしまいますね(笑)

ダリアの天ぷら御膳ダリアまつり期間中には「まるごと美味しいダリアまつり」と題しダリア料理が提供され、中でもダリアの天ぷらが結構美味だったりします。
「ダリアのおもてなし御膳」1,280円

5つのエリアに分かれる「観賞温室」

メキシコエリア 鑑賞温室インドネシアエリア・ブラジルエリア・フィリピンエリア・イベント温室・メキシコエリアの5つの熱帯温室では、ハイビスカスやブーゲンビレア、コチョウラン、カトレア等の熱帯花木や、バナナ、パパイヤ、カカオ等の熱帯果樹及び様々なサボテン等の貴重な熱帯植物が一年を通じて楽しめます。

メキシコエリアのサボテンメキシコエリアでは大小様々なサボテンが植えられており、運が良ければ「サボテンの花」も見ることができますよ!

お子様に人気の「キッズエリア」

ぐんまフラワーパーク トンネル入り口ふわふわドームやローラーコースター、緑の迷路、カリヨンの花時計、遊具広場などがあり家族連れで楽しめます。
夏季期間は、じゃぶじゃぶ池入ることができ「海なし県 群馬」には貴重な水遊び場だったりもします。
また、エリア東側には桜の散歩道があり、早咲きの桜が咲を見ながらゆったりと過ごせます。

トンネルの中のイルミネーショントンネルの中には手作り感あふれる「ひかりの万華鏡」が彩ります。

カリヨンの花時計「カリヨンの花時計」季節が悪かったが若干華やかさに欠けますが、イルミネーションの時期は「花時計の魔法」をコンセプトにライトアップされます!

英国のデザイナーが手がけた「イングリッシュガーデン」

シーズンオフのイングリッシュガーデンバラを中心に、宿根草約180種10,000株が楽しめ、備え付けのベンチでゆっくり寛ぎながらガーデン散策を楽しめます。
訪れた時期がシーズンオフだったため、イイ感じの錆びれた感で…何となく「天空の城ラピュタ」1シーンを思い出しました。

「ぐんまフラワーパーク」の基本情報

ぐんまフラワーパーク 正面入り口

入園料金

●4月~6月 750円、7月~3月 610円
※中学生まで無料
※1月・2月のみ300円分のお買い物クーポン付き(割引券併用不可)

お得な「入園割引情報」

下記のページより「100円引き」割引券をプリントしてご利用ください。
※スマホ画面での提示は不可。

入園割引券をプリントする

開園時間

●9:00~17:00、11月~2月 9:00~16:00、ナイター営業(冬季のみ)
※入園は終了時間の30分前まで

休園日

年中無休
※研修などにより臨時休業あり

「ぐんまフラワーパーク」へのアクセス方法

車を利用の場合

●北関東自動車道 伊勢崎I.C.より前橋・渋川方面へ車で約30分

電車を利用の場合

●JR両毛線 前橋駅より上毛電鉄 中央前橋駅に乗り変え、大胡駅よりタクシー又はデマンドバスにて約15分

【施設概要】
●施設名:ぐんまフラワーパーク
●URL:http://www.flower-park.jp/
●所在地:群馬県前橋市柏倉町2471-7

宇都宮美術館の正面玄関案内板「宇都宮美術館」でアートとフレンチを楽しもう!

赤城山から前橋市街地を望む「赤城山」で気軽に本格登山を楽しもう!

関連記事

  1. 「宇都宮市・大谷町」おすすめ観光スポット7選

    奇岩群が作り出す大谷エリアの風景栃木県宇都宮市の大谷町周辺には、緑色の凝…

  2. みはらしの丘の赤いコキア

    移り変わる「コキア」を【ひたち海浜公園】で楽しも…

    夏〜秋の間楽しめる「みはらしの丘」の3万2千本のコキア夏の日差しを浴びて…

  3. 英国式の本格庭園「アンディ&ウイリアムス ボタニ…

    「アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデン」とは群馬県太田市にあるホー…

  4. 偕楽園の梅まつり風景

    「偕楽園」水戸の梅まつりの見所を紹介!

    日本屈指の梅の名所「偕楽園」とは茨城県水戸市にある日本庭園で岡山市の「後…

  5. 竜神大吊橋の全景

    「竜神大吊橋」地上高100mからの絶景とスリルを…

    茨城百景「竜神大吊橋」とは茨城県常陸太田市にある「竜神峡」に掛かる鉄橋で…

  6. 水面に映った奇蹟の大藤

    関東最大級の「イルミネーション」あしかがフラワー…

    「あしかがフラワーパーク」のイルミネーションの魅力とは「ハウステンボス光…

  7. 鑁阿寺の本堂とイチョウ

    足利氏所縁の「鑁阿寺」実は日本100名城!!?

    金剛山 鑁阿寺(ばんなじ)について栃木県足利市にある真言宗大日派の本山「…

  8. 小川家住宅の主屋の全景

    明治の面影を感じる「車屋美術館(小川家住宅)」の…

    小山市立 車屋美術館(小川家住宅)について栃木県小山市の国道4号線沿いに…

PAGE TOP