「戦場ヶ原」ハイキングで奥日光の絶景を満喫!

「戦場ヶ原」ハイキングで奥日光の大自然を満喫!

日光国立公園「戦場ヶ原」について

小田代原と戦場ヶ原栃木県日光市の日光国立公園内にある高層湿原で標高約1,390〜1,400m、広さは400haに及ぶ広大なエリアを指します。
その東側を南から「男体山」「太郎山」「山王帽子山」「三岳」などの日光連山に囲まれ、西側は「小田代ヶ原」「外山」に面しています。
湿原はもともと湯川が男体山の噴火によって堰き止められた堰止湖であったが、土砂や火山の噴出物、さらにヨシなどの水生植物の遺骸が腐らずに堆積して陸地化し湿原となりました。
また、そのうち174.68haのエリアが、「奥日光の湿原」としてラムサール条約登録湿地となっており、湿地の価値を十分認識し、生態系を壊さない形での利用を模索し実行しています。

「戦場ヶ原」の山DATA
・名称:戦場ヶ原(せんじょうがはら)
・所在:栃木県日光市
・標高:1,400m
・山系:高層湿原
・気温:6月 17°/9°、7月 21°/14°、8月 22°/15°、9月 18°/11°

「戦場ヶ原(せんじょうがはら)」という地名の由来

戦場ヶ原から男体山を望む「戦場ヶ原」という物々しい地名は、その昔 山の神がこの湿原を舞台に争いを繰り広げたという伝説に由来しています。
当時下野国(栃木県)の二荒神(男体山)と上野国(群馬県)の赤城神(赤城山)がそれぞれ大蛇(男体山)と大ムカデ(赤城山)に化けて戦った戦場であるというもので、争いの原因は中禅寺湖を巡る領地争いで、この争いで勝ったのは二荒神(男体山)であったとされています。
また、広い原野であることから「千畳が原」に由来するとする別説もある様です。

初心者にもお勧め!ハイキングコース「戦場ヶ原自然研究路」

戦場ヶ原自然研究路の木道湯川沿いに戦場ヶ原を南北に縦貫する環境省が管理する歩道で、一部が木道として整備されています。
森林、湿原、滝と変化に富んだコースで、途中ラムサール条約に登録されている湿原や日光連山を望みながらトレッキングを楽しめます。
湯滝付近を除いて基本平坦なルートとなっており、四季折々の奥日光の大自然を手近に触れることができることから、一年を通してハイキングなど観光客が多く訪れます。
※奥日光にはツキノワグマが生息しています。ハイキングや登山時には、熊鈴を付けるなど出会わないための工夫をしましょう。

戦場ヶ原ハイキングコースマップはこちら

高徳沼とその周辺「栃木県の景勝百選」にも選ばれている「高徳沼とその周辺」です。
奥には牧場と駐車場があり食事や濃厚なアイスクリームを楽しめます。

湯ノ湖「湯ノ湖」を一周できるハイキングコース(約3km)が整備されており、アップダウンも少なくお子様連れでも問題ありません。

戦場ヶ原の鹿侵入防止柵近年になり野生シカの増加による食害が深刻化しています。
湿原を保全するためのシカ侵入防止柵を複数設置し保護しています。

「戦場ヶ原」の四季の魅力

戦場ヶ原の風景奥日光の四季折々で趣の異なる景色が広がる戦場ヶ原は、標高約1,400m高地に位置しており貴重な高山植物が約350種類以上が自生しています。
毎年6月には、「アヤメ」など初夏を彩る花々や、まるで綿のような植物である「ワタスゲ」が見頃を迎えます。
8~9月頃にかけては、「リンドウ」や「アザミ」が咲き誇り、9月下旬から湿地帯一面を彩る「草紅葉」が始まり10月初旬には竜頭の滝の紅葉がピークを迎えます。
また、冬場は起伏のない戦場ヶ原の地形を利用した「スノーシュー」や「クロスカントリー」などのアクティビティを楽しむ事ができます。

小田代ヶ原の芝紅葉例年9月中旬~10月上旬には戦場ヶ原の湿地帯を「芝紅葉」が秋色に染め上げます。
カラマツなどが見頃となる10月上旬以降は、紅葉狩りの観光客で大変混雑しますので…ちょっと早めに「芝紅葉」を楽しむのも良いかもしれません。

凍りつく竜頭ノ滝真冬の奥日光は最低気温がマイナス15度になる事もあり、この様に竜頭ノ滝も凍りついてしまいます。

湯川と中禅寺湖4月上旬、奥日光の雪解け水が「湯川」を伝いいっきに中禅寺湖へ流れ込みます。

「戦場ヶ原」へのアクセス方法

戦場ヶ原と国道120号
公共交通機関をご利用の方

・浅草駅(東武特急スペーシア)を利用し東武日光駅へ(約100分)
・JR東京駅(東北新幹線)〜宇都宮駅(JR日光線)〜JR日光駅へ(約110分)
・JR日光駅、または東武日光駅より東武バス「湯元温泉行き」に乗車し「三本松バス停」下車徒歩1分(約60分)

お車をご利用の方

・日光宇都宮道路 日光I.C.から湯元温泉方面へ約40分

駐車場情報

・赤沼駐車場:150台(無料)
・三本松園地駐車場:200台(無料)
・湯元本通り湖畔駐車場:280台(無料)
・光徳駐車場:280台(無料)
※GWや紅葉シーズンはとくに混雑します。路肩への無断駐車などのマナー違反も多く見受けられますのでくれぐれもご注意ください。

金山城の三の丸日本百名城「金山城跡」を散策ハイキングしよう!

道の駅みかもの外観「道の駅 みかも」で栃木の旬の味覚に触れよう!

関連記事

  1. 筑波山 絶景スポット

    茨城のシンボル、身近な100名山「筑波山」へ行こ…

    坂東の地に聳える名峰 筑波山とは筑波山は関東の東部、茨城県つくば市北端に…

  2. 「みかも山公園」初心者におすすめ登山コースを紹介…

    市民の憩いの場、「みかも山公園」について三毳山(みかも山)は、栃木県南部…

  3. 金山城の三の丸

    日本百名城「金山城跡」を散策ハイキングしよう!

    日本百名城「金山城」とは群馬県太田市のほぼ真ん中に位置する標高235.8…

  4. 黒檜山〜駒ケ岳からの形式

    「赤城山」で気軽に本格登山を楽しもう!

    上毛三山の一つ「赤城山」とは榛名山、妙義山と並び、上毛三山の一座に数えら…

  5. 妙義山 山頂からの絶景

    「大小山」登山で、絶景と適度なスリルを体験

    天狗が住む霊場といわれる「大小山」とは栃木県足利市の東部に位置する低山で…

PAGE TOP