盗難された「三県境」プレート再設置へ、栃木市にメーカーが無償設置申し出

栃木県栃木市・藤岡町下宮と埼玉県加須市、群馬県板倉町が接する「三県境」の県境を示したプレートが盗まれた事件で、プレートを製造したメーカーから無償で再設置の申し入れがあったことが10/27日、栃木市への取材で分かった。

プレートは直径8センチで「三県境界」と刻まれ、全国でも珍しい平地の三県境をPRしようと、2016年に3市町が共同で設置し、シンボルとなっていた。

このニュースの詳細はこちら
(下野新聞社)

編集部のオススメ

  1. 日光東照宮の鳥居
  2. 鬼怒川温泉街の風景
  3. 宇都宮美術館の正面玄関案内板
  4. 本山製錬所の煙突
  5. 浜焼きコーナーの模様
PAGE TOP