コロナ禍 キャンプ堅調・栃木県内施設のGW予約

密集を避けて楽しめるレジャーとして人気のキャンプが、ゴールデンウイーク期間も堅調。
栃木県内の複数のキャンプ場によると、GWの予約はほぼ満員で、東京都などで発令された緊急事態宣言の影響も小さいという。
一方、共用スペースでの感染の可能性を危ぐする声もある。県内は首都圏からの利用客が多いとされ、運営者は「感染対策を守り楽しんで欲しい」と訴えている。

キャンプはここ数年ブームが続く。一般社団法人日本オートキャンプ協会によると、キャンプの参加人口は13年から7年連続で増え、19年は860万人。

キャンプ場予約サイト「なっぷ」を運営するスペースキー(東京都渋谷区)の調査では、20年6月~21年2月、1施設当たりの月平均予約数は前年同月比114~225%ほどで推移する。「コロナ禍でもキャンプニーズは依然高い」としている。

このニュースの詳細はこちら
(下野新聞)

関連スポット情報

編集部のオススメ

  1. 鬼怒川温泉街の風景
  2. 那珂湊おさかな市場の看板
  3. 大谷石採石場跡の坑内
  4. 八ッ場ダム
  5. 宇都宮美術館の正面玄関案内板
PAGE TOP