足利のカフェが5周年、萌えキャラ「ひなたん」が迎える店内にファン集う

桐生市出身の店主イシイさんは、東京都の飲食店などでの勤務を経て同店をオープンした。
国の史跡に指定されている「鑁阿寺」が見えるロケーションに一目ぼれし、現在の場所へ出店。
「萌えキャラ」好きがイベントの打ち合わせなどで多く来店したことに加え、2017年(平成29年)年に刀剣「山姥切」が足利市立美術館で展示された際にコラボメニューを提供したことから、サブカルチャーファンが多く訪れるようになった。

「見て楽しい、食べておいしい」をコンセプトに日々、メニューを考案している。
他県のご当地萌えキャラとのコラボや、「岩下の新生姜(しょうが)」(栃木県栃木市)を使ったもの、「ドール」と一緒に写真を撮りたくなるメニューなど変わり種メニューをそろえる。

営業時間は、11:00~21:00(木曜 15:30まで)

このニュースの詳細はこちら
(みんなの経済新聞ネットワーク)

関連スポット情報


編集部のオススメ

  1. 日光東照宮の鳥居
  2. 鬼怒川温泉街の風景
  3. 宇都宮美術館の正面玄関案内板
  4. 本山製錬所の煙突
  5. 浜焼きコーナーの模様
PAGE TOP