「コストコ」壬生に出店検討!? I.C.近くの区画整理地へ

米国の会員制量販店で倉庫型店舗を展開する「コストコ」が、壬生町壬生丁などの区画整理事業地内に出店を検討していることが19日分かった。
出店候補地は「六美町北部土地区画整理組合」の事業地で、県道羽生田上蒲生線に面し、南側を北関東自動車道が走る。
壬生I.C.と、2022年度末完成予定の下野スマートI.C.のほぼ中間に位置し、町外、県外からの買い物客の利便性も高いとされる。

壬生町はコストコが立地する自治体を調査し、出店により年間200万人規模の集客と300人程度の雇用が見込め、地元経済に好影響を与えると判断している。

このニュースの詳細はこちら

PAGE TOP