雌雄モザイクの珍しいカブトム「ぐんま昆虫の森」で展示

雌と雄の身体的特徴がまだらに現れた「雌雄モザイク」の珍しいカブトムシについて、発見した太田市の小学生から寄贈を受けた群馬県立ぐんま昆虫の森は19日、すぐに標本にする当初方針を撤回し、当面は生体のまま展示することを決されました。

20日からプラスチック製のケージで、施設内の職員が常駐する場所に置く。元気に活動する様子を来場者に見てもらう。

このニュースの詳細はこちら

最近の記事

  1. 原子力科学館の正面ゲート
  2. 実物大のガンダムの胸像
  3. 日立市かみね動物園の入場ゲート
  4. 鉱山資料館の館内
PAGE TOP