「宇都宮パルコ」撤退へ5月末閉店で調整中

宇都宮PARCO外観宇都宮市中心部のファッションテナントビル「宇都宮パルコ」が撤退する方向で調整が進められていることが1日、関係者への取材で分かった。
集客力が上がらず売り上げが伸び悩んでおり、5月末での閉店を検討しているとみられ、パルコ側も含め関係者らが後継事業者探しに注力しているという。
県都の活性化に一役買った大型商業施設が、開業から22年で幕を下ろすことになるとのこと。

このニュースの詳細はこちら

PAGE TOP